2021
30
Dec

未分類

淡路島の書家、つ花セんさんの写古事記

はじめまして!淡路島・神戸のカメラマン、中田アツシのWEBサイトへようこそ!

今回はプロダクト撮影(商品撮影)のお話です。
写古事記をご存知でしょうか??
お経を筆でなぞって書く、一種の瞑想のようなあの写経のように、古事記を写していくことを言うらしいのですが、その写古事記の商品とイメージの撮影を担当させていただきました。

僕の場合は商品撮影はほとんどをアトリエで撮っていくのですが、今回はフルロケーションとなります。
撮影場所は照明を使わないと少し暗いのですが、この薄暗い感じをそのまま表現したいと思って、その場の地明かりで撮りましょうということに決まりました。

なぜかというと、あの谷崎潤一郎の名著「陰翳礼讃」の世界観を想像したからなのですが、このアイデアがつ花セんさんにピタッとハマったようで、面白いように撮影が進んで、良い作品に仕上がりました。

和室の障子から入る柔らかい光は、室の奥に行くほど影が濃くなって、昔の人が書くときの環境を再現できたように思います。

写古事記は以下のオンラインで販売しています。
五色の恋文オンラインショップ

お問合せ、お申し込みついて

下記LINE official会員登録ください。お得な割引特典がございます。

LINE@ ID:@cut1668q(アットマークに続けてcut1668q!)

↓簡単会員登録は、スマホ・タブレットでこの『友達追加』をタップ!

友だち追加

(自動追加できない場合は、ジャンプ先のページで表示されるQRコードからもご登録できます。)

キャンセルポリシーとお得な早期ご入金特典はこちらへ! ➡️キャンセルポリシーのご説明と、お得な早期ご入金割引特典のご説明はこちら!⬅️
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。